「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

鹿島アントラーズの熾烈なポジション争い(FW編)/【練習レポート】

鹿島アントラーズのポジション分析。最後はFW編だ。

このところの練習を見ていると明らかにエヴェラウドの状態が上がってきた。なかなかミートしなかったシュートも力強い弾道でゴールネットを揺らすようになり、ヘディングシュートの対空時間も昨季にレベルに戻ってきた。90分間フルパワーでプレーできるかどうかはまだわからないが、それに近いところまで戻ってきているように見える。

今季のチームの目玉は、このエヴェラウドと上田綺世であることは間違いない。昨季は代表活動の影響でキャンプに参加できなかった上田も今季は最初から最後まで参加。「僕は今年初めてキャンプに行ったんですけれど、ACLがないのもあって、準備期間はそれなりに長く取れましたし、試合数も多くこなせているので、仕上がりはいいのかなと思います」と自信を見せる。

チームのFW登録は3人だ。

 

FW:エヴェラウド、上田綺世、染野唯月

©KASHIMA ANTLERS

 

(残り 1359文字/全文: 1769文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ