「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

寂しい勝利の味/【レビュー】明治安田J1第8節 鹿島アントラーズ対柏レイソル

 柏から奪った2つのゴールは美しい崩しだった。1点目は、中盤で相手を囲み、いい位置で待ち構えるファン・アラーノにつなぐと上田綺世が駆け引きの巧さを見せるゴール。アラーノが前を向くタイミングに合わせてスルーパスを引き出し2人だけで崩し切った。2点目は、多くの選手が絡み遅れて入ってきた白崎凌兵がミドルシュート。イメージは一昨年のセレッソ大阪で決めたゴールだったようだが、ダフったシュートは相手DFをかすめることでキム・スンギュの眼前で微妙にコースが変わる嫌らしいシュートとなり、ゴールネットを揺らした。

 その2得点は美しい崩しだったため、ハイライトならば激闘を制した試合に見えるかと思ったが、やはりハイライトでも締まりがなかった。柏が迎えたチャンスは不思議なほど鹿島の守備バランスが崩れている。

 連敗は3で止まったがなんとも言えない寂しさがつきまとう勝利となった。

 

 

(残り 2785文字/全文: 3203文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ