「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

急ごしらえながらも隙のない守備で今季初の無失点勝利/【レビュー】明治安田J1第10節 徳島ヴォルティス対鹿島アントラーズ

 ボールは支配されたものの、セットプレーからの1点を守り手堅く勝利をおさめる。急ごしらえの相馬新体制ではあったが、まずは勝利でスタートすることができた。

 相馬直樹監督は「短い時間で準備したことを選手たちが期待以上にやってくれた、という思いです」と言って選手を称えた。

「最初から最後まで、エネルギー、集中力を含めてすばらしい戦いをしてくれたと思います。かなり苦しい時間帯もありましたけど、そういうところでもそれぞれが、監督が交代になってしまった、それってやっぱり自分たちにも責任がある、という思いを今日のゲームにのせてくれたと思います。選手たちに感謝するばかりです」

 

 難敵だった徳島ヴォルティスを1−0で退け、今季初の無失点勝利で勝点3を手にした。

 

 

(残り 4621文字/全文: 4987文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ