「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

上田綺世、再離脱。染野唯月にかかる大きな期待/【プレビュー】YBCルヴァンカップグループステージ④ サガン鳥栖戦

 第1節に対戦したサガン鳥栖との再戦である。あれから鳥栖はルヴァンカップ3連敗。内容的にも1得点、9失点とこの大会では振るわない。鹿島戦以外でもメンバーを大きく入れ替えて戦っており、今回の対戦でも、明治安田J1では3位と奮戦するのとは別のチームが来ると考えて良さそうだ。

 相手のモチベーションがどの程度なのか未知数だ。ここまで3試合で、4チームの勝点は鹿島の9を筆頭に、6、3、0。最下位の鳥栖はほぼ勝ち抜く可能性が消えている。それでも、出場機会を与えられる若手やベテラン、加わったばかりの外国籍選手たちがパワーを発揮するようだと、これまでとは違った展開が待っているかもしれない。ただし、そこを探っても仕方がない。相馬監督がつねづね言うように、まずは自分たちの持てる力を発揮することに専念したい。

 

©KASHIMA ANTLERS

 

 ただ、先日の神戸戦からチームにはいくつかの変化が起きている。

 まず、上田綺世が開幕戦に続き負傷、戦線離脱を余儀なくされてしまった。

(残り 2029文字/全文: 2466文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ