「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

FW18上田綺世「つねに上を目指す」/【プレイヤーズファイル】

 上田綺世が立っていた。右肘に装具を付けて。なんとなく気になってカメラを向けた。

 撮ったときは気が付かなかったことがあった。左手は腰に当てられており、左腕が「く」の字に曲がっている。一方で、右手は腰のあたりに添えられていた。少しでも右腕にかかる負担を減らそうと骨盤の上に乗せている。無意識に楽な姿勢をとっていたのかもしれない。

 その姿を見て、ハッとさせられた。

 それでもピッチに立ち、ゴールを決めたストライカー。

 なにが、彼をそこまでさせるのか、確かめなければならない。そう思ってオンライン会見で質問を投げかけた。

 しかし、「どういうことか、ちょっと分からないんですけれど…」と、不思議そうな表情を浮かべながら、それでもこちらの意を汲み取り言葉をつなげる。上田綺世の矜持の塊が、画面越しにもひしひし伝わってきた。

 

 

(残り 1751文字/全文: 2113文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ