「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

対策を講じながらも意識を向けるのは自分たち/【プレビュー】YBCルヴァンカップPOステージ第2戦 清水エスパルス戦

 相馬直樹監督の取材はおもしろい。なるべく正直に、いま抱えている問題を言葉にしてくれるからだ。

 第1戦では、レビューでも書いたように鳥栖、川崎Fと同様に、こちらのSBを引き出し、その背後にできたスペースに選手を飛び出させることでCBをスライドさせ、ゴール前にクロスを蹴り込んだときに1対1ができている状況をつくろうとしてきた。

 第2戦を控え、相手が次の試合でも同じ狙いをもって入ったとき、どう応じるのか注目されるのはごくごく自然なことだろう。しかし、なにかを意識すれば、別のなにかを意識しづらくなるもの。相馬監督は、相手の出方に応じることばかりになれば自分たちの良さを失ってしまうことを危惧し、相手への対策は講じるものの大事なのはそこではないと強調した。

「相手の出方うんぬんより、まずしっかり自分たちが立ち上がるということ。まずは前へ出る。相手を受けるのではなく、相手がこうしてきたからこうするではなく、まず自分たちがぶつけるものをぶつけにいく」

 

 

(残り 1949文字/全文: 2381文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ