「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

一定の成果が見られたアタッキングサードの崩し/【レビュー】明治安田J1第2節 ガンバ大阪対鹿島アントラーズ

 前節の柏戦で敗れたあと、試合が中断している間、一体どんな練習をしてきたんだ?と疑問に思わなくはなかった。それくらいチームとしての統一感はなく、選手が思い思いにそのとき感じたことをプレーとして表現するばかり。カウンターを狙う柏の狙いにまんまと乗ってしまい、見るべき部分が少ない敗戦となってしまった。

 それから2週間弱。チームのスケジュールが全て公表されているわけではないため、どのくらいのオフを経て練習に取り組んだのかはわからない。当然ながら、取り組んだものを自分たちのものにするには短い期間ではあったが、選手たち自身もゴール前の崩しを自らの課題として取り組んできたのだろう。うまくいかなくとも必死に模索を繰り返す姿勢が手の取るように伝わってきた。

 それが勝点3となって結実したことは多少なりともチームにいい結果をもたらすだろう。ゴールをもたらしたのは荒木遼太郎とアルトゥール・カイキ、途中出場の2人だった。

 

 

(残り 2264文字/全文: 2705文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ