「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

MF17カイキ「僕らはプロの世界で生きている」/【プレイヤーズファイル】

 伏し目がちに答える試合後のインタビューが印象的だった。彼にとってどれだけ家族が大切な存在なのか、その姿を見るだけでもひしひしと伝わってくる。G大阪戦、決勝ゴールを決めたアルトゥール・カイキは、脛当てを取り出してカメラにアピールすると、プリントされていた家族の写真にキスをした。

「どうしてもコロナウイルスの影響で家族と離れ離れになっています。非常に苦しくて悲しい状況なんですけど、少しでもその悲しみを癒してくれるのが家族です。7月22日に7歳の誕生日を迎えた娘に対して、一緒にいられなかったというすごく寂しい思いがありました。彼女に対して僕ができることはこれしかなかった」

 2日遅れの誕生日プレゼント。決勝点を決めたのがカイキでよかった。

 

 

(残り 1242文字/全文: 1599文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ