「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

夏の移籍市場の盛況を見て感じること。新たな方程式の必要性/【チーム編成】

 得点ランク1位の古橋亨梧がセルティック、2位のアンデルソン・ロペスが武漢、同2位のオナイウ阿道がトゥールーズと、夏の移籍市場の動きが活発だ。他にも、川崎Fから田中碧がデュッセルドルフ、広島からは川辺駿がグラスホッパーへ移籍した。逆に海外からJリーグに戻ってくる選手も多く、鹿島でもブエノと安西幸輝が復帰している。移籍の期限は8月13日とまだ半月ほど残されている。他にも動きがあるかもしれない。

 鹿島的には、上田綺世と町田浩樹の海外挑戦はあるのか。そして、神戸が獲得に乗り出していると報じられる大迫勇也の去就が気になるところだろう。

 

(残り 1887文字/全文: 2157文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ