「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

あと一歩が及ばず悔しい敗戦/【レビュー】明治安田J1第25節 ヴィッセル神戸対鹿島アントラーズ

 試合内容は悪くなかった。チャンスもつくっていた。それでもあと一歩が足りずに勝利を逃してしまった。中2日の連戦という難しい条件もうまくクリアできていたように思う。

 ピトゥカのパスはすばらしかった。エヴェラウドか和泉竜司がゴールを決めていれば、FWが欲しいパスを供給できる選手が鹿島にもいることを、内外に知らしめることができたが、残念ながらエヴェラウドのシュートは好手に阻まれ、和泉のシュートは迷いが生まれ中途半端なコースに飛んでしまった。

 勝点で並ぶチーム同士の対戦は、悔しい敗戦に終わった。

 

 

(残り 2343文字/全文: 2626文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ