「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

斬るか、斬られるか/【プレビュー】明治安田J1第27節 横浜Fマリノス対鹿島アントラーズ

 11勝2分のチームが、公式戦5連敗(リーグ戦4敗、天皇杯1敗)している相手を迎え撃つ時の気持ちはどんなものだろう。5月15日に5対3で爆勝して以降、11勝2分と圧倒的な数字を残している横浜FMとのアウェイゲームだ。

 横浜FMは自分たちのサッカーに対する自信に満ちていることだろう。もちろん鹿島も負けていない。神戸には敗れたものの清水できっちり勝点3を手にした。チームの一体感は揺るぎない。

「我々がまたチャレンジする戦い」

「受けるような立場ではなく、自分たちが勝利を欲して、奪いに行く。そういう姿勢を出せるようにしていきたいなと思います」

 相馬直樹監督の要求は変わらない。挑戦者としてリーグ2位の横浜FMに挑む。

 

 

(残り 2282文字/全文: 2597文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ