「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

選ばれてピッチに立った選手たちがたちが示した姿勢/【レビュー】明治安田J1第29節 鹿島アントラーズ対ガンバ大阪

 攻撃面、特にSHの停滞感が強い試合が続くなか、復帰したファン・アラーノが見せたパフォーマンスは、彼のすばらしさが凝縮されていた。

自分が動き出すことによって、そこでボールを受けるだけでなく、味方がボールを受ける状況を作り出すことも重要な役割になる」(ファン・アラーノ)

 立ち上がりから、彼がスペースに動き出してくれることでスピード感を保ったまま敵陣に進むことができた。そして、サイドが生きれば中央も生きる。定石通りの展開でG大阪を圧倒。3発快勝となった。

 

 

(残り 1964文字/全文: 2230文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ