「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

成長の跡がうかがわれる若い選手たち/【練習レポート】

 今月9日以来、久々に練習が公開された。SOCIO限定で公開されていた栃木シティとの練習試合は、残念ながらメディアには公開されなかったため、久しぶりに動く選手たちを目にすることができた。先日、負傷してしまったブエノは別メニューでの調整となったが、犬飼智也も、長期離脱していた山田大樹もチーム練習に完全合流して汗を流していた。2021シーズンも残りわずかとなったが、チーム一丸となって戦う体制が整った。

 いまのチームは若い。若いが故に、選手たちはボールを蹴ることが楽しくて仕方がなさそうだ。それが甘さにつながっているマイナス面もあるとはいえ、サッカーが好きでたまらない選手が揃っていることは、中長期で見れば必ず長所に転ずる。全体練習が終わっても居残り練習を続ける選手の数は、いままでにないくらい多いことは、必ずチーム強化につながっていくだろう。

 

©KASHIMA ANTLERS

 

(残り 962文字/全文: 1346文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ