「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

凡戦の中で見えた一致団結と、その理由/【コラム】

 FC東京戦はどこかいつもと違っていた。ちょうど目の前だったため2点目の上田綺世のゴールが決まったとき、パスを出した土居聖真が視界の端で渾身のガッツポーズを決めていたのが見えた。一度は相手にブロックされ消えかけたチャンスがゴールにつながりホッと胸を撫で下ろすのだろうと予想していたため、その姿をすごく意外に感じたことを覚えている。

 見ている側はなかなかテンションが上がりづらい試合だったかもしれない。テンポよくパスがつながる場面は少なく、数多くのチャンスがあったわけでもない。それでも選手や監督が発する熱量は高かった。不思議なくらいテンションが高かったのだ。

 やっているサッカーはそこまで質の高いものではない。それなのに、チーム全体が同じ方向を向いている感がビシビシ伝わってくる。その理由は選手たちが行ったミーティングにあった。

 

(残り 1082文字/全文: 1449文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ