「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

通算4人目の金沢行き。須藤直輝は金沢で輝けるか/【コラム】

昨年の12月27日に、須藤直輝のツエーゲン金沢への育成型期限付き移籍が発表された。

 

 

鹿島から金沢に移籍するのは垣田裕暉に始まり、完全移籍だった大橋尚志、梅鉢貴秀を含めて四例目。そこから大きな飛躍を遂げた選手はいないかもしれないが、大橋はJ2を代表するボランチへと成長し、垣田も金沢や徳島ではエースストライカーとして活躍し、J1の中堅クラブからは引く手数多のFWになった。

17年からチームを率いるのは柳下正明。降格が4クラブあった昨季は苦しい戦いを強いられたが、これまで一度もJ3に降格することなく、J2で着実な戦績を残している。そこで期待される須藤の役割はどんなものになるか予想してみた。

 

(残り 1183文字/全文: 1560文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ