群馬サッカーNEWS Gマガ

【J2第42節ザスパ対横浜FC MF松下裕樹 寸評&コメント】

久しぶりに本来の「松下裕樹」を見た気がした。

松下のストロングは、ダイナミックなサイドチェンジ。今季は、チームスタイルが確立できず、彼の持つ能力が発揮できなかった。だが、最終戦では両SBが高い位置を取ったことから、右足が存在感を発揮した。後半28分に、久富へ送ったミドルパスは、真骨頂だった。主将の1年が終わった。

(残り 481文字/全文: 637文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック