群馬サッカーNEWS Gマガ

【無料記事】冬なのに半袖短パン!オールシーズン「夏男」ザスパDF川岸祐輔 一問一答!「フルシーズン半袖短パンでいきますよ!」

DF川岸祐輔は常に「夏」だ! 空っ風の季節になったが、川岸は半袖、短パン。チームメイトが防寒対策に気を使う中、「夏」を満喫している。ルーキーイヤーの今年、シーズン序盤は試合に絡めなかったが、36節徳島戦でJデビューすると豪快なディフェンスで勝利に貢献、シーズン終盤はレギュラーポジションを奪取した。オールシーズン「夏男」に、1年の振り返りを聞いた。

20151127 育英グラウンド_7415

 Q半袖、短パンで寒くないのでしょうか?

「全然寒くないんです。フルシーズン半袖短パンでいきますよ!寮でもタンクトップなんで。暑がりだから、この方が調子がいい」

 Qルーキーイヤーの一年を振り返ってどんなシーズンでしたか?

「最後の方でやっと試合にからめたが、前半から中盤は全くからめなかったので悔しい。我慢の一年でした」

 Qシーズン中盤まで出場がありませんでした。どんな気持ちでしたか?

92年組(江坂任、吉濱遼平、夛田凌輔、小牟田洋佑)が活躍している中で自分だけ試合に出られなかった。みんなと、話にからめなくて悔しかった。だから常に負けたくないという気持ちでいました」

 Qデビュー徳島戦(36節)での勝利後、涙を流しました。どんな涙だったのでしょうか?

「試合に出られない中でやっともらえたチャンスでした。その試合に1-0で勝てた。サポーターのみなさんから『川岸コール』が聞こえて…うれし涙です!あとは試合に出られない辛さが、たまっていたのでその感情もありました」

 Qプロで1年やってみて感じたことは?

「フィジカルや高さは結構通用するかなと思いました。ただ戦術や足元の技術がまだ追い付いていないです。その部分を、来季はもっと上げたい」

 Q今シーズン、自身の評価と点数をつけるとしたら?

「百点満点中、20点です。4試合出ましたが、勝ちは1試合。それが結果です。福岡戦では自分のストロングの部分で負けていたので、トータルでみたら高い点はつけられません。今シーズン足りなかった部分を補って、チームの中心選手になれるよう頑張ります」

 Q最後にサポーターにメッセージを!


「試合に出られない中でも常に応援してもらい大きな力をもらいました。本当にうれしかったです。試合になかなか出られなくて悔しかった分、来季はスタートからフルパワーで力を出したいと思います。応援よろしくお願いします!」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック