『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【結果】J2第27節ザスパ対讃岐 ザスパ、残留争いの大一番で敗れる 

【結果】J2第27節ザスパ対讃岐 ザスパ、残留争いの大一番で敗れる 

 

 

(サポーターに謝罪する都丸晃社長)

 

【結果】

ザスパ  1−2  讃岐

前半 0−1

後半 1−1

 

【得点】

13分:武田有祐(讃岐)

68分:カンスイル(群馬)

89分:馬場賢治(讃岐)

 

【戦評】

 

ザスパが、残留争いの大一番で敗れた。22位ザスパと21位讃岐との下位直接対決。絶対に負けられない試合だったが、GK牲川歩見のミスによってゲームが壊れた。前半13分、GK牲川が味方からのバックパスをゴール前でトラップミス。讃岐に奪われると、武田有祐にヘッドで押し込まれて先制を許す。1点を追うザスパは後半23分、松下裕樹のミドルシュートのこぼれ球をカンスイルがヘッドで押し込み、同点に追いつく。勢いに乗って攻め込んだが終了間際の後半44分にカウンターを受けると、決勝ゴールを許して力尽きた。試合後、森下仁志監督はゴール裏のサポーターに対して「(進退問題については)クラブが決めることだ。僕はやり続けるだけ」と話した。都丸社長は「結果に関しては申し訳ない。監督については春の役員会でクラブとして支えていくということで決まっている。(試合に来ない)GMには連絡が取れない」と釈明した。サポーターからは「無責任だ」と、ブーイングが飛び交った。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ