『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J2第41節 ザスパ対愛媛  後半に守備崩壊、戦術なき戦いの悲しき結末

【戦記】J2第41節 ザスパ対愛媛 後半に守備崩壊し2−4敗戦

戦術なき戦いの悲しき結末

 

【結果】

ザスパ  2−4 愛媛

前半   0−1

後半   2−3

 

 

【得点】

10分:西田剛(愛媛)

57分:カンスイル(ザスパ)

59分:河原和寿(愛媛)

70分:カンスイル(ザスパ)

71分:西田剛(愛媛)

87分:丹羽詩温(愛媛)

 

【戦評】

安定の「弱さ」だ。そもそも、勝つ気があるのだろうか。今季限りの退任が決まって開き直った森下仁志監督だったが、やはり“持って”いなかった。このゲームでも、選手起用がハマらず、迷走を繰り返した。

ザスパは開始早々の前半10分にあっさりと失点を許す立ち上がり。前半を0対1で折り返すと、後半は一時、意地をみせた。カンスイルの2ゴールで2対2としたが、同点にした直後の後半26分に3点目を許すと、終了間際にもダメ押し点を許して、最終的には2対4の完敗となった。森下仁志監督は「若い選手の甘さを払拭できなかった」とコメントした。

ザスパは最近9試合勝ちなしで、後期は1勝4分15敗。シーズン終盤になっても何の積み上げも見せられないチームは、次節ホームで今季最終戦を迎える。

 

戦術なき戦いの悲しき結末

 

今季の「ヌルさ」をあらためて証明するゲームだった。森下仁志監督は「謙虚さや、ひたむきさが足りず、自分たちの立ち位置を間違えている」と他人事のようにコメントした。チルドレン偏重の無責任な森下サッカーの悲しき結末だった。

 

(残り 1158文字/全文: 1769文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ