群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J2最終節 ザスパ対長崎  〜サポーターが戦い続ける限り〜

【戦記】J2最終節 ザスパ対長崎  〜サポーターが戦い続ける限り〜

 

 

 

 

鳴り止まないブーイングの中で最終戦セレモニーは実施された。

 

都丸晃社長は「最下位になってしまったことの責任の重さを痛感いたします。クラブ創立から15年間、支えてくれた皆様にお詫びを申し上げます。新しい体制にバトンタッチすることが私に託された使命です」と話したが、そのほとんどはブーイングでかき消された。杜撰なクラブマネジメントによって、チームは崩壊した。ザスパの2017最終戦は、悲しき結末となった。

 

(残り 1616文字/全文: 1881文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ