群馬サッカーNEWS Gマガ

【ザスパステーション】FW永藤歩 チャンスは与えられるのではなく、つかみ取るもの

【ザスパステーション】

FW永藤歩 チャンスは与えられるのではなく、つかみ取るもの

 

 

11日の練習は、午前午後の2部練習だった。

 

午前練習終了後、多くの選手が慌ただしく引き上げていく中で、一人の選手がグラウンドに残り、布啓一郎監督のもとへ近づいた。

 

指揮官は、その選手の話に耳を傾けると、約10分間、助言を与えていた。

 

腕組みをする布監督と、直立不動の選手。それは教育現場のワンシーンのようだった。

 

 

(残り 1250文字/全文: 1459文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック