群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J3第7節ザスパ対藤枝 カミカゼが生んだ逆転劇

【戦記】J3第7節ザスパ対藤枝

カミカゼが生んだ逆転劇

 

 

 

「神風(カミカゼ)」がザスパを救った。

 

1−1で迎えた後半45分、風間宏希が右足でゴール前へ送り込んだクロスは空っ風に乗って、ファーサイドのゴールネットを華麗に揺らした。

 

土壇場の決勝ゴール。チームを谷底から救い出す千金のゴールを決めた風間は「右足でゴールへ向かうボールを選択したが完全にクロス。風のおかげです」と頬を緩めた。まさにカミカゼだった。

 

掲示されたロスタイムは3分。ザスパは終了間際の残り5分で奪った2ゴールを、決死の守備で守り抜き、勝利をつかみ取った。執念の勝点3だ。

 

(残り 1919文字/全文: 2210文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ