群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J3第14節ザスパ対沼津 0−2、8試合ぶり黒星。上位との差が広がる痛恨の敗戦。布啓一郎監督コメント

【コメント】J3第14節ザスパ対沼津 0−2、8試合ぶり黒星。上位との差が広がる痛恨の敗戦。布啓一郎監督コメント

 

 

【結果】

ザスパ 0−2 沼津

前半(0−1)

後半(0−1)

 

【得点】

6分:青木翔大(沼津)

84分:太田一輝(沼津)

 

【戦評】

痛恨の敗戦だ。最近7試合負けなしのザスパは前半6分、相手FKの競り合いからPKのジャッジを取られて、不運にも先制を許す。最低のジャッジに対してザスパの選手たちは抗議したが、そのままPKを決められて0−1で前半を折り返す。1点を追うザスパは後半、大久保哲哉と高橋駿太を途中投入し反撃を仕掛けるが、再三にわたる決定機を決めることができず、逆に後半39分、ショートカウンターから失点を喫して、0−2で力尽きた。沼津のGKは、昨季ザスパでプレーした牲川歩見だったが、“牲川の呪い”に屈した。布啓一郎監督は「技術や戦術よりもメンタル的な部分を見直していきたい」と振り返った。

 

 布啓一郎監督「悪い流れのゲームになってしまった」

 

(残り 381文字/全文: 816文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック