群馬サッカーNEWS Gマガ

無料公開【高校サッカー選手権群馬・決勝】前橋育英 王者・前育、5年連続22度目の選手権へ。 室井が後半アディショナルタイムに劇的決勝弾!!

【高校サッカー選手権】前橋育英 2−1 桐生第一

王者・前育、5年連続22度目の選手権へ。連覇への挑戦権獲得!

室井が後半アディショナルタイムに劇的決勝弾!!

 

 

(後半14分にPKで同点ゴールを決めた室井=右)

 

(後半アディショナルタイム、室井が執念のボールキープ、そこから反転してゴールを決めた)

 

(後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決めた室井)

 

 

【結果】

群馬県高校サッカー選手権大会・決勝

 

前橋育英 2−1 桐生第一

前半(0−0)

後半(2−1)

 

【得点】

 

46分:中野就斗(桐生第一)

54分:室井彗佑(前橋育英)

80+1分:室井彗佑(前橋育英)

 

【戦評】

前年度選手権王者・前橋育英と、5年ぶりの選手権を目指す桐生第一の「上州ダービー」。互いの意地がぶつかり合う試合は、決勝にふさわしい好ゲームとなった。前半は育英がシュート数で上回ったものの、桐生第一守備陣がゴールを許さずに0−0のスコアレス。緊迫した展開で後半に突入すると後半6分に、桐生第一がCKの折り返しから中野就斗が右足で押し込んで先制に成功する。1点リードされた育英は、後半14分に山原康大郎のロングフィードの裏へ走った室井彗佑がPKを獲得、それを室井自らが決めて同点に追いつく。1−1のまま一進一退の攻防が続く中、前橋育英は後半アディショナルタイムに、若月輝主将からのクロスを受けた室井が執念の決勝ゴール。前橋育英が5年連続22度目の選手権出場を決めた。

 

(5年連続の優勝を決めた前橋育英)

 

(ベンチで祈りをこめるサブ組の選手たち)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック