群馬サッカーNEWS Gマガ

年末恒例「北関東番記者対談」part1 「どうなってるの?群馬」

年末恒例「北関東番記者対談」part1 「どうなってるの?群馬」 

 

 

 

12月20日、東京都の渋谷というキラキラした街で、年末恒例「北関東番記者対談」が開催された。当日は、湘南新宿ライン線で上京した群馬の番記者・伊藤が渋谷で道に迷い、対談スタートが大幅に遅れてしまう事態に。到着するやいなや、水戸・佐藤、栃木・鈴木から、J3群馬の現状を気遣う温かな言葉が! これまでにないスタートに、逆に警戒心を高める群馬・伊藤。今季の北関東対談はどうなってしまうのか? 今回は、栃木、水戸のふたりから貴重な意見をもらいました。3クラブ番記者による、毎年の定点観測的な対談を楽しんでください!(全3回)

 

【座談会参加者】

 

佐藤拓也(水戸)

デイリー ホーリ−ホック

鈴木康浩(栃木)

栃木フットボールマガジン

伊藤寿学(ザスパ)

群馬サッカーNEWS Gマガ

 

 

白熱の北関東対談スタート!

 

佐藤(水戸)

「大丈夫すか? 群馬!」

 

伊藤(群馬)

「えっ! どうして?!」

 

鈴木(栃木)

「選手の動きをみると、大量の契約満了じゃないすか?」

 

佐藤(水戸)

「これまではイジれたけど、周囲からみると本当にヤバそうに見えますよ」

 

伊藤(群馬)

「そうなの! まったく悲観してないですけど!」

 

(残り 3785文字/全文: 4346文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ