群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【高校サッカー】前橋育英、3回戦で力尽きる。連覇ならず

無料記事【高校サッカー】前橋育英、3回戦で力尽きる。連覇ならず

 

 

 

【結果】

前橋育英 1−2 尚志(福島)

前半(0−0)

後半(1−2)

 

【得点】

 

49分:沼田皇海(尚志)

51分:染野唯月(尚志)

71分:高橋尚紀(育英)

 

【戦評】

 

前橋育英は前日の宇和島東戦からスタメン4人を入れ替える戦い。前半から果敢なプレスで相手に圧力をかけると、室井彗佑、榎本樹の両ストライカーがゴールを狙っていく。前半26分には室井の切り返しからチャンスを迎えたが相手GKに阻まれるとスコアレスで前半を折り返す。

 

後半9分、自陣ゴール前でFKを与えると、壁を超えたキックがそのままニアのゴールに吸い込まれて失点。直後の後半11分には左サイドを突破されて、2点目を与えてしまった。あとがない育英は、後半31分に高橋尚紀が執念でゴールを奪い、1点差に迫る。さらに榎本へロングボールを集中させて猛攻を仕掛けたが、相手ゴールを破ることができず1−2で敗戦。連覇を目指したチームだったが、3回戦敗退となった。

 

連覇は果たせなかったものの、前年度優勝校の重圧の中で戦った選手たちは、その成長をピッチで示した。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック