群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【コメント】天皇杯2回戦 ザスパ対大宮 延長激闘の末、力尽きる 選手コメント

無料記事【コメント】天皇杯2回戦 ザスパ対大宮 延長激闘の末、力尽きる

 

選手コメント

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−2 大宮

前半(0−1)

後半(1−0)

  延長前半(0−0)

  延長後半(0−1) 

 

 

【得点】

10分:大前元紀(大宮)

71分:福田俊介(ザスパ)

118分:高山和真(大宮)

 

【戦評】

ザスパが延長戦の末に敗れた。ザスパはリーグ戦から全メンバーを入れ替える「ターンオーバー制」で大宮へ挑む。リーグ戦同様に[4-4-2]のシステムを組んだザスパは、リズム良くゲームに入ったが、前半10分、相手のミドルパスから抜け出したFW大前元紀にゴールを許す。0−1となったザスパだが、果敢な攻撃をみせると岩田拓也が決定機を迎えるなど大宮を押し込む。しかしゴールが奪えない。後半、ザスパは攻撃のギアをさらに上げて大宮のゴールへ迫る。そして後半26分、左CKから福田俊介がヘッドでねじ込んで同点に追いつく。勢いに乗ったザスパは勝ち越しを狙って攻め続け、後半終了間際にはカウンターから超決定機を迎えたが判断ミスで決めきれず、ゲームは延長戦へ。互いに体力の限界を迎えた総力戦となったが、延長後半13分にセットプレーの二次攻撃から失点し力尽きた。

 

 

姫野宥弥

 

「自分たちのやりたいことができて、内容は良かったかもしれませんが、今日は、結果がすべてです。今日の敗因は、自分が後半最後のチャンスで決められなかったこと。それを自分自身で受け止めて、次につながるようにやっていきたいと思います」

 

高澤優也

 

「ベンチスタートからの交代出場でしたが、J2のクラブですし、16戦負けなしということだったので、自分の力をアピールするためにも気合が入っていました。1―1に追いついて、行けると思ったのですが、自分を含めて、決めきれず詰めが甘かったと思います。本当に悔しいです」

 

キムチョルホ

 

J2の大宮相手でしたが、みんなでしっかりと戦えていたと思います。最後、失点してしまったときは、悔しかったです。みんなで頑張っていたので、止めたかったのですが、止められませんでした。残念だったと思います。良いゲーム? しっかりと戦うことはできたと思うのですが、自分が2失点してしまったので、もっと頑張らなくてはいけない。この試合をリーグ戦へつなげていきたいと思います」

 

田中稔也

 

「悔しいの一言です。トーナメント戦ですし、良いゲームではなくて、勝たなければ意味がないと思います。本当に悔しいです。チームとしてシュートを17本も打って、セットプレーの1点しか入らなかったので、攻撃陣の責任だと思います。自分も決定機があったので、決めなければいけなかった」

 

 

(2019.07.03)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック