群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【コメント】天皇杯2回戦 ザスパ対大宮 延長激闘の末、力尽きる 福田俊介コメント

無料記事【コメント】天皇杯2回戦 ザスパ対大宮 延長激闘の末、力尽きる

 

福田俊介コメント

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−2 大宮

前半(0−1)

後半(1−0)

  延長前半(0−0)

  延長後半(0−1) 

 

 

【得点】

10分:大前元紀(大宮)

71分:福田俊介(ザスパ)

118分:高山和真(大宮)

 

 

福田俊介  気迫の同点ゴールも勝利につながらず

 

ザスパDF福田俊介が、古巣大宮からゴールを奪った。福田は、天皇杯2回戦大宮戦がザスパ公式戦初先発。岡村大八とコンビを組んでCBに入ると、ベテランの経験値を生かしたプレーで最終ラインに落ち着きをもたらす。0−1で迎えた後半26分に、右CKのセットプレーを自慢のヘッドでねじ込んだ。福田は「ニアのヘッドは狙っていたので、枠に飛ばすことだけを考えた。ヘッドのあとに倒れてしまったが、ゴールに入ったのが分かってうれしかった」とゴールを振り返った。試合は1−1で延長戦へ突入、福田は延長後半に足がつって最後はFWでプレーした。完全燃焼のCBは「最後は足がつってしまった。内容的にはうちの流れだったので勝ち切りたかった。次は神戸だった? スター軍団と対戦してみたかったです」と悔しさをにじませた。

 

 

(2019.07.03)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック