群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J3第25節 ザスパ対藤枝  ザスパ、執念のドローで勝点1死守 選手コメント

【コメント】J3第25節 ザスパ対藤枝

ザスパ、執念のドローで勝点1死守

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 2−2 藤枝

前半(1−0)

後半(1−2)

 

【得点】

 

14分:高澤優也(ザスパ=アシスト光永祐也)

68分:森島康仁(藤枝)

82分:岩渕良太(藤枝)

90+5分:田中稔也(ザスパ=アシスト光永祐也)

 

【戦評】

 

プロレベルに達していない未熟レフリーが、アンフェアなプレーを誘発したことによってゲームは複雑化した。ザスパは前半14分にエース高澤優也のヘッドで先制に成功し、ゲームの主導権を握る。1−0で後半に入ったザスパは後半24分に、藤枝・森島康仁にヘッドでゴールを奪い返されて1―1とされる。後半35分すぎにザスパ高澤が負傷しピッチに倒れると、レフリーがゲームを止める。高澤退場後に、レフリーがザスパ側に知らせぬままドロップボールでゲームを再開。準備ができていないザスパは、そのままカウンターを受けて失点を喫した。ザスパ側はレフリーに猛抗議したが判定は覆らずにゲームは続行。異様なムードの中で迎えた後半アディショナルタイムに田中稔也が執念のゴールを流し込み2−2。ザスパが直接対決で貴重な勝点1を拾い上げた。

 

 

(コメントはSNS、ネットなどに転載をしないようお願いします。レフリング問題はナーバスなため転載があった場合、今記事のコメント全体を削除させていただきます。チームに不利益を生じさせないためにもご了承ください)

 

(残り 773文字/全文: 1395文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック