群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J3第26節 ザスパ対秋田 ザスパ2点リード守れず痛恨ドロー  後藤京介コメント

【コメント】J3第26節 ザスパ対秋田 ザスパ2点リード守れず痛恨ドロー

後藤京介コメント

 

 

【結果】

 

ザスパ 2−2 秋田

前半(2−1)

後半(0−1)

 

【得点】

12分:後藤京介(ザスパ)

29分:姫野宥弥(ザスパ)

33分:中村亮太(秋田)

90+3分:林容平(秋田)

 

 

【戦評】

勝たなければいけないゲームだった。高澤優也、青木翔大のダブルエース不在の戦い。前線に久木田紳吾、右MFに飯野七聖が起用された。ザスパは前半12分、ゴール前に上がった後藤京介がコントロールショットを決めて先制に成功、さらに前半29分には姫野宥弥のシュートがDFの足に当たりゴールに吸い込まれた。ザスパは伏兵たちのゴールで2−0としたが、直後に守備の甘さを突かれて失点、2対1で折り返す。ザスパは後半、消極的なプレーが目立つようになると、相手に押し込まれて防戦一方となった。それでもなんとか耐えていたが後半ロスタイムに痛恨の失点、土壇場で勝点3を逃してドローに終わった。

 

 

後藤京介

 

Q 高澤不在の中でどんなイメージでゲームに入ったのか?

 

「優也がいないのは、どうにもならないことなので、全員の力を合わせて戦っていきました。紳吾さん(久木田)も、この状況でとても良いプレーをしてくれたと思いますし、優也がいないとは、あまり感じないでプレーすることができていました」

 

(残り 851文字/全文: 1434文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ