群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【結果】チャレンジャーズ 決勝進出!優勝候補に5発大勝で初優勝に王手!

【結果】チャレンジャーズ 決勝進出!

53回関東社会人サッカー大会準決勝

5度目の挑戦でついに鬼門・準決勝の壁を突破!

優勝候補に5発大勝で初優勝に王手!

 

 

 

 

 

【結果】

チャレンジャーズ5-0 エリース東京FC

 

前半(10

後半(40

 

【得点】

 

40分:操将真(チャレ)

50分:渡辺悠太(チャレ)

55分:渡辺悠太(チャレ)

60分:操将真(チャレ)

73分:吹田諒(チャレ)

 

【スタメン】

 

GK 小林紘大

DF 田沼和樹

DF 西野虎太郎

DF 仙葉秀一

DF 関口 蓮

MF 大澤靖信

MF 吹田 諒

MF 金 盛煥

FW 操 将真

FW 清水大士

FW 渡辺悠太

 

【交代】

75分 金 盛煥→荻谷嵩人

85分 渡辺悠太→畠山友志

87分 大澤靖信→木村直樹

 

【控え】

GK 後藤聡志

DF 木村直樹

MF 荻谷嵩人

MF 畠山友志

 

【戦評】

チャレンジャーズが今季最高のパフォーマンスを見せ、優勝候補を完全撃破した。

 

2大会ぶり4度目の準決勝に挑んだチャレンジャーズ。相手は優勝候補筆頭の元関東リーグ・エリース東京FC(東京1位)ということもあり、苦しい戦いになることが予想された。だが、立ち上がりから真っ向勝負を繰り広げていく。

 

スピードと運動量で勝るチャレンジャーズに対し、エリースは卓越したボールポゼッションで対抗。互いに積極的なアプローチを見せる中で、最初にビッグチャンスを掴んだのはエリースだった。

 

前半19分、ディフェンスラインの不用意な処理ミスからカウンターを受け、エリースが決定機を迎える。誰もが「やられた」と思った次の瞬間、シュートは大きく枠の外に逸れ、ピンチを逃れた。

 

ファーストチャンスで先制に成功

 

前半20分からは押し込まれる時間帯が増え、チャレンジャーズにとって我慢の時間となった。だが、39分に左FKのチャンスを掴むと、大澤靖信のクロスにエース操将真が飛び込んで合わせ、ワンチャンスをものにして先制点を奪った。

 

そして後半に入ると、前半の苦戦がウソのようにチャレンジャーズ攻撃陣が躍動していく。後半5分にゴール前のパスワークから渡辺悠太が追加点を決めると、後半10分には渡辺がゴラッソなミドルを叩き込む。

 

後半15分にはエース操も負けじと、今日2得点目を奪う。さらに最後は、吹田諒がキレキレのドリブルでDFGKを抜き去ったあとにトドメとなる5点目を奪い勝負あり。優勝候補を相手に、圧巻の5得点で決勝進出を決めた。

 

終わってみれば5-0という大勝となったが、前半は相手のシュートミスに助けられるなど、決して簡単なゲーム展開ではなかった。

 

キャプテンの大澤は「2回戦(11/3)が終ってから、ケガ人のリカバリーなどもあり、人数不足で練習試合が組めないままこの日の試合に挑んだので、前半は試合勘が戻らず、思うようなゲームができませんでした。ただ、試合勘さえ戻れば、1、2回戦と違ってピッチコンディションも良いので“後半は行ける”と思っていました」と力強くコメントした。想定通りの展開となったが、それ以上に選手たちの「この一戦に懸ける思い」が、相手より勝(まさ)ったことは確かだった

 

優勝で昇格決定、準優勝は入れ替え戦の可能性

 

準決勝をクリアしたチャレンジャーズだが、例年であれば『関東昇格』となるが、今年は上位カテゴリーであるJFLの残留争いの関係上、まだ昇格決定ではない。

 

関東地区の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎と、中国地区の松江シティの2チームによる残留争いになっているが、最終的にドラゴンズが最下位になった場合は、関東リーグ1部への降格となるため、“玉突き現象”が発生。関東社会人大会で準優勝チームが、関東28位のヴェルフェ矢板と入替戦を行う場合もあるのだ。

 

5度目の挑戦でついに鬼門・準決勝の壁を突破したチャレンジャーズだが「鬼門突破」だけで喜んでいてはいけない。昇格を確実なものにするためには、優勝という結果が必要なのである。

 

悲願である、関東リーグ昇格へ。そして『昇格』というバトンをトップチームに繋いでいくために、チャレンジャーズは117日午前11時から、決戦に挑む。

 

 

【決勝戦情報】

第53回関東社会人サッカー大会決勝

11月17日 11:00KO

@さくらスタジアム

vs VONDS市原VERT

 

(2019,11.17)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック