群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J3第33節ザスパ対岩手 エース高澤優也 復活ゴールで昇格王手! 高澤コメント

【コメント】J3第33節ザスパ対岩手

エース高澤優也 復活ゴールで昇格王手!

高澤コメント

 

 

【結果】

ザスパ 1−0岩手

 

前半(0−0)

後半(1−0)

 

【得点】

 

86分:高澤優也(ザスパ)

 

 

【戦評】

奇跡の序章だ。ザスパは、1トップ榎本樹、トップ下後藤京介の縦関係の2トップ。加藤潤也と高澤優也はベンチスタートとなった。ザスパは前半から激しいプレスで相手の攻撃を封じてカウンターを繰り出すが、ゴールを奪うまでには至らない。前半を終えた時点で、2位藤枝がYS横浜に3点ビハインドという波乱の展開。ザスパは、勝利すれば2位浮上が現実的になる中で、1点がなかなか奪えない。指揮官は、選手たちに藤枝の戦況は伝えていなかったという。ザスパは後半に、高澤優也、加藤潤也、田中稔也の攻撃陣を次々に投入し、勝負に出る。残り時間が少なくなっていく中で、後半41分、佐藤祥のシュートのこぼれ球をエース高澤がヘッドで押し込んで決勝ゴール。1−0で勝利したザスパは2位に浮上し、J2復帰に王手をかけた。ザスパは12月8日の最終節に、敵地で福島と対戦する。

 

 

エース高澤優也 復活ゴールで、昇格王手!!

 

ザスパのエース高澤優也が後半10分に途中交代で出場すると、試合終了間際の後半41分に、佐藤祥のシュートの跳ね返りをヘッドで流し込んで、決勝ゴール。チームを勝利へ導いた。エースの復活ゴールで、ザスパはJ2復帰に王手をかけた。

 

 

高澤優也コメント

 

 

Q 早い時間(後半10分)からの出場だった。

 

「前半終わって『早めもあるよ』と言われて、いつ出てもいいように、良い準備ができていました」

 

(残り 672文字/全文: 1372文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック