群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J3第33節ザスパ対岩手 劇的勝利で昇格王手! MF佐藤祥コメント

【コメント】J3第33節ザスパ対岩手

劇的勝利で昇格王手!

MF佐藤祥コメント

 

 

【結果】

ザスパ 1−0岩手

 

前半(0−0)

後半(1−0)

 

【得点】

 

86分:高澤優也(ザスパ)

 

 

【戦評】

奇跡の序章だ。ザスパは、1トップ榎本樹、トップ下後藤京介の縦関係の2トップ。加藤潤也と高澤優也はベンチスタートとなった。ザスパは前半から激しいプレスで相手の攻撃を封じてカウンターを繰り出すが、ゴールを奪うまでには至らない。前半を終えた時点で、2位藤枝がYS横浜に3点ビハインドという波乱の展開。ザスパは、勝利すれば2位浮上が現実的になる中で、1点がなかなか奪えない。指揮官は、選手たちに藤枝の戦況は伝えていなかったという。ザスパは後半に、高澤優也、加藤潤也、田中稔也の攻撃陣を次々に投入し、勝負に出る。残り時間が少なくなっていく中で、後半41分、佐藤祥のシュートのこぼれ球をエース高澤がヘッドで押し込んで決勝ゴール。1−0で勝利したザスパは2位に浮上し、J2復帰に王手をかけた。ザスパは12月8日の最終節に、敵地で福島と対戦する。

 

 

佐藤祥 渾身ショットでゴール演出

 

ザスパ佐藤祥が、高澤優也の決勝ゴールを演出してみせた。後半41分、左からの浮き玉をトラップして左足で滑らかなショットを打ち込むと、そのこぼれ球を高澤がヘッドで押し込んだ。裏方としてチームのために戦い続ける男は、コメントも控え目だ。

 

  

佐藤祥

「最後に勝って、恩返ししたい」

 

Q シュートシーンを振り返って?

 

「それまで何度も、シュートを外してしまっていたので、とにかく枠を狙っていきました」

 

(残り 454文字/全文: 1148文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック