群馬サッカーNEWS Gマガ

無料掲載【Gマガ】ザスパ J2昇格! 奈良知彦社長 昇格後コメント

ザスパ J2昇格!

12月8日のJ3最終節でザスパが福島を2対1で下して昇格圏の2位を死守、J2昇格を決めた。昇格決定後、選手たちはサポーターとともに昇格の喜びをかみしめた。試合後にザスパ奈良知彦社長が取材陣の囲み取材に応じた。

 

奈良知彦社長「大きな感動と喜びをもらったことに感謝したい」

 

 

「多くの方々のサポートによってJ2復帰を果たすことができました。ありがとうございます。

 

今日も難しいゲームでしたがm最後まで選手たちがしっかりと戦ってくれたと思います。

 

布監督が、卓越した指導力でチームを一つにまとめて、選手それぞれの良さを集約してくれた結果だと思います。いまだから言えますが、(シーズン終盤の)攻撃陣のケガが非常に痛く、チーム力に影響を与えてしまいましたが、試練を乗り越えて最後は選手全員の力で昇格を勝ち取ってくれました。

 

ファン・サポーターの方々が、どんなときも力強く励ましてくれて、チームを支えてくれました。今季のホーム戦は11勝4分2敗という成績でしたが、サポーターの力が大きかったと思います。今日も多くのサポーターの方々が来てくれましたが、サポーターの力を示してくれたと思います。

 

チームとサポーターが一緒になれば良い結果が必ず出ることをあらためて感じました。私が社長に就任した2年前に、「団結の力」「笑顔のスタジアム」という約束をしましたが、今日のスタジアムには、それがあったと思いました。

 

来季のチームづくりに関してですが、正直を言えば、J2かJ3かが決まらなかったのでチームづくりは遅れております。他チームは来季へ向けて動いていると思いますが、明日から始めていきたいと考えております。

 

2年前に社長に就任させていただきましたが、周囲からは「この年齢になって失敗するかもしれない仕事を引き受ける必要があるのか」とアドバイスをもらったりして、私自身も葛藤がありましたが、この瞬間を迎えて、(社長を)引き受けさせていただいて本当に良かったと思いました。まさか65歳になって、こんなに感動して、涙を流すなんて思ってもみなかったです。大きな感動と喜びをもらって感謝しています。ありがとうございました」

 

 

(2019.12.09)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック