群馬サッカーNEWS Gマガ

無料公開【Gマガ】ザスパ初期メンバー堺陽二インタビュー(現女子サッカー・ディオッサ出雲監督)前編

Gマガ】ザスパ初期メンバー堺陽二インタビュー(現女子サッカー・ディオッサ出雲監督)前編

 

「指導者のオファーをもらえるのは、ザスパでの昇格経験のおかげ。チーム、サポーターにはいまでも感謝しています」

 

(ザスパ初期メンバー堺陽二=写真中央)

 

 

 

 

リエゾン草津時代からザスパに在籍した雑草男 

 

ザスパの前身リエゾン草津時代からチームに在籍、県リーグから関東リーグ、関東からJFL、JFLからJ2への昇格に貢献、J2では2シーズンにわたりプレーした。雑草の魂を宿した気迫のプレーは、ザスパ古参サポーターの脳裏に焼き付いている。現役引退後は、ザスパチャレンジャーズ、ザスパトップでコーチを経験。指導者としてのキャリアをスタートさせると、2012年には長崎ヘッドコーチとしてJ2昇格を経験、その後も地域リーグクラブでキャリアを重ね、2019年からは、なでしこリーグ昇格を目指す女子サッカー・ディオッサ出雲(島根)の監督となっている。雑草監督は2018年にS級ライセンスも取得。ザスパでプレーしたときと同じ熱い気持ちで、指導を続ける。2月23日のザスパ開幕戦セレモニーに参加した堺に、自身の現状とザスパへの思いを聞いた。

 

 

 

――いまはどこに?

 

「島根県出雲市の女子地域リーグ・ディオッサ出雲で監督をやらせてもらっています」

 

――指導者になってから、地域クラブから“引っ張りだこ”だ。

 

「そこは感謝しています。オファーをもらえるチームは、みんな上のカテゴリーを目指すチームです。ザスパでの経験を評価してくれているのかもしれません。チーム、サポーターにはいまでも感謝しています」

 

――指導者として何年目?

 

「2006年に引退してからなので14年目になります。2018年にはS級ライセンスも取ることができたので、個人としても上を目指したいと思っています」

 

――全国の地域リーグ、女子リーグを知り尽くした監督だ。

 

「そう言ってもらえると、うれしいです。頑張っているんですよ」

 

――ディオッサ出雲ではどんな感じか?

 

「女子チームの指導は初めてなのですが、勉強することが山ほどありますね」

 

――どんなことを学んでいるのか?

 

「女子サッカーは、スピードの面からみれば男子とは速さがまったく違います。ただ技術がしっかりとしているので、スピードではなく戦術で勝負していくことになります。スピード頼みのサッカーではないので、指導者の技量がより問われると感じています」

 

――男子とは違う。

 

「そうなんです。自分はずっと男子のトップチームをみてきていたので、正直、選手のスピードに頼る部分もありました。戦術の部分は、自分の課題でもあったので、毎日、勉強しています。女子の選手たちも戦術が大事ということを理解しているので、監督がしっかりとロジックを示さないと信頼を得られません」

 

――ザスパOBでは、指導者キャリアはトップかもしれない。

 

Jリーグでは、依田光正(現水戸コーチ)が頑張っていますし、昇格後の OBではアキさん(秋葉忠宏=元ザスパ監督、現水戸監督)もいます。あっ、奥野さんもいました(笑)。自分はまだまだなので、良い刺激をもらって、成長したいと思っています」

 

――現役引退から14年目になっている。

 

「自分は引退して、一度、草津のチャレンジャーズのコーチに戻っています。そこからトップのコーチに引き上げてもらいキャリアがスタートしました。選手として県リーグからJ2までを経験させてもらったので、指導者としても将来はJリーグの監督までたどり着きたいと思っています」

 

――将来的にはザスパに戻る選択肢もある。

 

「いまは出雲で大きなやりがいを持ちながら指導しているので、まずはここで結果を残すことがすべてです。ただ、いろいろなタイミングがある中で、将来はザスパの力になりたいと思います。そのためにも出雲で最高の結果を残して、良い知らせを届けたいと思っています」

 

――陽二が出雲で活躍している中、ザスパに奥野さん(奥野僚右)が戻ってきた。

 

「いやー、感動しました。俺の中では、ザスパ第3章の幕開けだと思っています」

 

――ザスパ第3章とは?

 

「それを話すと、長くなりますけど、いいすか?」

 

 

(後編に続く=後編は会員限定となります)

 

(2020.03.03)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック