群馬サッカーNEWS Gマガ

【Gマガ】〜ターニングポイント〜 GK21松原修平インタビュー「いま、自分自身が試されている」

ターニングポイント3

GK21松原修平

「いま、自分自身が試されている」

 

 

選手たちはどのような道を歩み、いまザスパにいるのか。

それぞれのターニングポイントから現在地を探る。

             

 

「2018年、

あと1センチ・・・、

いくつかのシュートに手が届いていたら

ザスパで昇格できていた」 

 

今回の企画では、3つのターニングポイントを挙げてもらった。当初の企画イメージでは、ターニングポイントの一つに「2018」が入ると思っていた。しかし、松原が挙げた3つ目は「2018」ではなく「20192020」だった。インタビューを進めるにつれて「20192020」というのは、「今」だと悟った。

 

20192020」の出来事について聞く前に、敢えて「2018」を聞いてみた。

 

2018年のザスパのときは、初めて『お前の力が必要だ』って言ってもらって移籍しました。カテゴリーはJ3に下がってしまったのですが、それは札幌ユースから岡山への加入、岡山から讃岐へ移った時とはまったく違う意味がありました。ザスパは、トキさん(常澤聡)もいて横一線のスタートでしたが、岡山、讃岐の時とは明らかに立場が違いました。あのときに初めて、『チームに必要とされている』って感じました」

 

(残り 2379文字/全文: 2928文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ