群馬サッカーNEWS Gマガ

【Gマガ】〜ターニングポイント〜 ザスパFW加藤潤也「大学時代のJクラブとの練習試合で『やれる』手応えがあった」

ターニングポイント

FW加藤潤也

「大学4年のときのJクラブとの練習試合で『やれる』手応えがあった」

 

 

 

選手たちはどのような道を歩み、いまザスパにいるのか。

それぞれのターニングポイントから現在地を探る。

 

 

FW加藤潤也

大学3年でメンバーから外れてアルバイトをしようと思った夜

「アルバイトをやっていたら、バイト学生になって消えていたと思う」

大学4年でレギュラーに復帰、Jオファーをつかむ

 

 

加藤潤也は、山陰地方の鳥取・米子北から、関東・千葉の城西国際大へ進学した。高校時代のチームメートの多くが、山陽・関西の大学を選択する中で、一人、関東へ出てきたのだった。

 

「大学強豪から声がかかるような選手ではなかったので、みんなと一緒に近くの大学か、関西の大学でサッカーを続けたいと思っていました。そのときに、城西国際大の監督から声をかけてもらって、練習見学に行きました。城西国際大のサッカー部は、スタートして1年目で、自分たちが2年目の代でした。環境も良かったですし、試合に出られるチャンスが多いと思ったので、関東へ出ようと思いました」

 

(残り 1487文字/全文: 1980文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ