群馬サッカーNEWS Gマガ

【Gマガ】J2第2節ザスパ対水戸 1対3で完敗も、進昴平が意地のゴール。進昴平コメント

Gマガ】J2第2節ザスパ対水戸 1対3で完敗も、進昴平が意地のゴール。

進昴平コメント 

「チームにエネルギーを与えたかった」

(再開マッチ。試合前イレブンフォト。ソーシャルディスタンスを確保しスタメン11人が並んだ)

写真=ザスパクサツ群馬提供

 

 

【結果】

ザスパ 1−3 水戸

前半(0−1)

後半(1−2)

 

【得点】

34分:中山仁斗(水戸)

71分:中山仁斗(水戸)

85分:ンドカポニフェイス(水戸)

88分:進昴平(ザスパ)

 

 

【戦評】

ザスパが、3年ぶりの北関東ダービー水戸戦に1対3で敗れた。林陵平と加藤潤也の2トップで臨むと、加藤を起点にカウンターを狙っていく。しかし、水戸の中盤の技に対して後手に回ると、嫌な流れになった前半34分に右CKから失点。0−1で折り返した後半は、前への意欲はみえたものの攻撃の歯車が噛み合わずに、水戸の攻撃を受ける形になっていく。後半26分、40分に失点し0対3になったあとの後半43分、途中出場の進昴平が意地のゴールを決めて1点を返したが、反撃はそこまで。力の差をみせつけられて開幕2連敗となった。

 

 

進昴平

「チームにエネルギーを与えたかった」 

今日の試合を戦う上で、コロナ期間でサッカーができなかった中で、サッカーができることが当たり前ではなくなった状況で、今日、サッカーをみてくれるファンの方々に、エネルギーやパワーを届けたかったので、(今季チーム初得点は)そういう思いのこもったゴールだったと思います。

 

ゴールは、岡田選手からのパスを受けたのですが、岡田選手が自分でもシュートを打てた状況で、自分が呼んだのでボールを出してくれてフリーで打つことができました。必ず決めなければいけないシュートでした。ただ、勝てなかったので次は勝利につながるゴールを決めたいと思います。

 

(残り 547文字/全文: 1310文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ