群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第5節ザスパ対山形  待望の今季初勝利!!奥野僚右監督コメント

【コメント】J2第5節ザスパ対山形

ザスパ、前半のラッシュで3ゴール! 待望の今季初勝利!!

奥野僚右監督コメント

 

 

 

【結果】

ザスパ  3−2  山形

前半(3−1)

後半(0−1)

 

【得点】

 

17分:宮阪政樹(ザスパ)

23分:田中稔也(ザスパ)

35分:中村充孝(山形)

41分:進平(ザスパ)

93分:高橋潤哉(山形)

 

 

 

【戦評】

 

待望の勝利だ!ザスパは、林陵平と進昴平の2トップ。中山雄登が左MFに入った。雨のスリッピーなピッチコンディションで、ザスパは序盤から、ゴールへ矢印を向ける。前半17分、宮阪政樹のバウンドシュートがGKを弾いてゴールへ転がり込む。今季初めて先制すると、同23分にはゴール前の混戦から田中稔也が蹴り込み、追加点を奪った。2点リードとしたザスパだが同35分に右クロスから失点。嫌な流れになったが同41分に、進平がヘッドでねじ込み、3対1で折り返す。ザスパは後半、粘り強い守備で時間を進めると、DF陣もゴールを死守。終了間際に1点を返されたが、なんとか逃げ切り、今季初勝利を挙げた。奥野僚右監督は「選手たちが日頃の成果を発揮してくれた。ハードワークしてくれた選手たちに感謝したい」と、初勝利をかみしめた。

 

奥野僚右監督

 

「ファンの皆様が待ち望んでくれていた待望の勝点3を、このアウェイの山形で挙げることができて、うれしく思います。選手たちが積極的にゲームに入ってくれて、90分間、アディショナルタイムを含めて、集中を切らさずに、ひたむきに戦ってくれました。選手に感謝したいと思います。これまでに、できることと、できないことを整理して、ゲームに臨んだことが結果に結びついたと思います」

 

(残り 792文字/全文: 1510文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ