群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第8節ザスパ対栃木  数的優位もゴール奪えず3連敗・・・奥野僚右監督コメント

【コメント】J2第8節ザスパ対栃木  数的優位もゴール奪えず3連敗・・・

奥野僚右監督コメント

 

 

【結果】

ザスパ  0−1  栃木

前半(0−1)

後半(0−0)

 

【得点】

 

24分:大﨑淳矢(栃木)

 

 

【戦評】

 

またしても勝てなかった。ザスパは前節からスタメン4人を入れ替えて、栃木を迎え撃った。立ち上がりのリズムが良いのは恒例だが、前半15分過ぎからセカンドボールを支配されていく。そして前半24分、栃木のパスワークに対して守備陣の足が止まると、バイタルから豪快なショットを決められて、先制を許してしまった。失点後、白石智之のドリブル、岩上祐三のアーリークロスなどから林陵平らがチャンスをつかんだが決めきれない。後半23分には栃木・エスクデロが一発レッドで退場となり、数的優位となったが、最後までゴールを割ることができなかった。最低でも勝点1を拾わなければいけないゲームだった。ザスパは3連敗となった。

 

 

奥野僚右監督

 

「きょうは栃木さん相手に戦って、勝点3を目指しました。思い通りにいった中で、我々の時間も多かったのですが、相手の時間になった前半24分に、それまではロングボールの攻撃が多かったのですが、コンビネーションプレーで中を使われて、一瞬、戸惑って、足が止まった時間に見事なシュートを決められてしまいました。足が止まってしまったことが悔やまれます。

 

その後は、我々も攻撃に出ていって、ハーフタイムに修正しながら、ゴール前までボールを運べるようになったのですが、フィニッシュまでなかなか到達できませんでした

 

 

相手が1人減ってからは、当然、ボールを持てる時間がより増えた中で、サイドから攻めていきましたが、あともう工夫、もう少し奥まで押し込んで相手を崩したりしていきました。なんとか同点に追いついて、逆転まで持っていきたいと思っていましたけれども、こういう結果になってしまいました。なかなか勝てていない中で、ホーム戦で、勝利の姿を皆さんにお見せしたかったのですが、またできなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 

(残り 631文字/全文: 1514文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ