群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第10節ザスパ対北九州 田中稔也、加藤潤也コメント

【コメント】J2第10節ザスパ対北九州  加藤潤也の先制弾も、ホームで痛恨の逆転負け

田中稔也、加藤潤也コメント

 

 

【結果】

ザスパ 1−2  北九州

前半(1−1)

後半(0−1)

 

【得点】

17分:加藤潤也(ザスパ)

32分:町野修斗(北九州)

65分:ディサロ(北九州)

 

【戦評】

 

ホームで、また負けてしまった。ザスパは加藤潤也が8試合ぶりの先発出場、大前元紀らとのコンビでリズムを作っていく。前半17分、FKから林陵平がヘッド、その跳ね返りを加藤が左足で蹴り込んで、先制に成功する。しかし、前半32分、左サイドからのシュートのこぼれ球を相手FW町野修斗に詰められて同点とされる。同点後、一方的に押し込まれたザスパは後半20分、内田達也から宮阪政樹への不用意なパスをカットされると、その流れからディサロに豪快に決められて逆転を許す。ザスパは交代策でリズムを変えにかかるが、メインサーバーが変わらない中で、交代も機能せず。先制したもののその後は一方的に攻撃を許して、逆転負け。開幕10戦目の区切りだったが、ホームの意地をみせることなく敗れた。2勝8敗の最下位ザスパは8月12日の次節で、首位長崎と敵地で対戦する。

 

 

田中稔也

 

「立ち上がりからリズムが良く、前半20分くらいまでは僕たちのペースでゲームができていたと思います。良いリズムでプレーできていて、その流れから先制点につながりました。ただ、点を取ったあとから、僕たちが失速してしまった印象です」

 

(残り 1561文字/全文: 2192文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ