群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第19節ザスパ対東京V 痛快、逆転勝利! 殊勲の2ゴール田中稔也コメント

【コメント】J2第19節ザスパ対東京V

痛快、逆転勝利! 3ゴール、4戦ぶり勝利!

殊勲の2ゴール 田中稔也コメント

 

 

【結果】

ザスパ 3−1 東京V

 

前半(2−1)

後半(1−0)

 

【得点】

 

5分: 若狭大志(東京V

17分:田中稔也(ザスパ)

42分:田中稔也(ザスパ)

82分:飯野七聖(ザスパ)

 

 

【戦評】

 

3連敗中のザスパが、4試合ぶりの勝利を挙げた。ザスパは、大前元紀と田中稔也の2トップ。前半わずか5分に東京Vに先制を許す難しい立ち上がり。嫌な展開となったが、前半17分に大前元紀のFKを田中稔也がヘッドで決めて同点に追いつく。さらに前半42分には大前の浮き玉のパスを田中がダイレクトで流し込んで逆転に成功する。後半は、ザスパにとって我慢の時間が続く。後半11分には、PKを与えピンチとなったが、大久保嘉人のPKGK清水慶記がドンピシャの読みでストップ。GK清水は「GKコーチの小島さんや大前選手がアドバイスをくれて、チームとして止めることができた」と振り返る。2対1でゲームを進めると、後半37分にカウンターから、ロングランをみせた飯野七聖がダメ押しの3点目を蹴り込んで、ゲームを決めた。大前の3アシストによる、田中の2ゴール、飯野のゴールでザスパが東京Vを沈めた。奥野僚右監督は「先に失点したが一喜一憂することなく逆転勝利を決めることができて非常に良かった」と語った。

 

 

田中稔也

 

「3連敗していた中での5連戦の最後だったのでチームとして絶対に勝ちたいと思っていました。無得点の試合が続いていたので、ディフェンスが頑張っている中で、前線の選手が結果を出して、ゴールを決めたいと思っていました。1点目のセットプレーからのシーンは、練習でやっていたとおりのプレーができました。大前選手から良いボールが来て、合わせるだけでした。2点目も大前選手から浮き玉のパスが来て、流し込めました。大前選手に感謝しかありません。大前選手との2トップでしたが、攻守でうまくコミュニケーションを取りながらしっかりとプレーできたことが勝利につながったと思います」

 

(残り 954文字/全文: 1843文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ