群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第20節ザスパ対愛媛  今季2度目の2連勝! 奥野僚右監督コメント

【コメント】J2第20節ザスパ対愛媛

ザスパPKの1点を守り抜いて、今季2度目の2連勝!

下位対決制して20位浮上!

奥野僚右監督コメント

 

 

 

【結果】

ザスパ 1−0 愛媛

 

前半(0−0)

後半(1−0)

 

【得点】

 

52分:大前元紀(ザスパ=PK

 

 

 

【戦評】

 

ザスパが、PKで奪った虎の子の1点を守り抜き、今季2度目の連勝を果たした。ザスパは、【5-4-1】の守備ブロックを組む愛媛に対して、序盤は攻めあぐむ。前半9分には、中山雄登が負傷し、磐瀬剛と交代するアクシデントが発生する。守備からリズムを作ったザスパは時間の経過とともに主導権をつかんだが、得点までは至らずにスコアレスで前半を折り返す。後半7分、CKの二次攻撃からゴール前の混戦となると、こぼれ球に体を入れてシュート態勢に持ち込んだ小島雅也が相手GKに倒されてPKを得る。それをエース大前元紀が豪快に蹴り込んで、先制点を奪った。ザスパはその後もゲームを優位に進め、ゲーム終盤にはピンチがありながらもGK清水慶記の好セーブで相手決定機を阻止。1対0で逃げ切りに成功し、今季2度目の無失点ゲーム&2連勝を決めた。ザスパは20位に浮上した。

 

 

奥野僚右監督

 

「予想していたゲームのイメージどおり、タフなゲームになりました。序盤は愛媛さんのランニング、球際の強さを受けてしまい、うまくリズムを作ることができませんでした。ただ難しい状況でも選手たちが攻守のバランスを取りながら、相手の3トップのストロングを消してチャンスを作り出していってくれていました。

 

大きかったのは自分たちで組織的なプレーができたことです。粘り強く戦うことで後半に積極的な攻撃からPKをもらうことができて、立ち上がりに得点を奪えたのが大きかったと思います。愛媛さんが交代枠を使ってきて終盤にシステムを変えてきた中で、我慢して最後まで守ることが表現できて、無失点でゲームを終えることができました。コーチングスタッフが助言をくれたり、選手たちがピッチでコミュニケーションを図ってくれたことで勝点3を奪うことができました。この勝利は今後に向けて大きなものになってくるのではないかと思っています」

 

(残り 1131文字/全文: 2048文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ