群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第28節ザスパ対甲府  ザスパ、大前元紀の復活ゴールで甲府撃破!奥野僚右監督コメント

 【コメント】J2第28節ザスパ対甲府

ザスパ、大前元紀の復活ゴールで甲府撃破!

奥野僚右監督コメント

 

 

 

 

【結果】

ザスパ 1−0 甲府

前半 (0−0)

後半 (1−0)

 

【得点】

53分:大前元紀(ザスパ)

 

 

【戦評】

甲府をやっつけた。ザスパは、大前元紀が6試合ぶりの先発出場となり、青木翔大とコンビを組んだ。前半8分、右CKに青木がヘッドで合わせたがGKが間一髪でセーブしゴールならず。その後は互いに決定機を作れずに前半をスコアレスで折り返した。後半も膠着状態が続いた中でザスパへリズムが傾き出す。後半9分、ザスパは相手CKを弾き出すと舩津徹也が左サイドへ流れた青木へミドルパス。青木は相手DFをかわすと、DFの裏へ絶妙なフィード。そのパスを受けた大前がストライカーの本領を発揮、確実にゴールを射抜いてみせた。1点を奪い取ったザスパは、甲府のラフプレーと単調な攻撃をかわして、逃げ切りに成功。完勝と言える内容で、勝点3を手にした。今季9勝目を挙げたザスパは18位へ浮上した。

 

 

奥野僚右監督 「連敗しなかったことはチームの成長です」

 

「前半の立ち上がりから選手たちが元気良くゲームに入ってくれて、集中力の高い部分を表現してくれたと思います。前半はお互いが膠着したゲーム状態でしたが、相手にチャンスを作らせないことを徹底できたと感じています。攻撃のところは決定機までは至りませんでしたが、その中でも自分たちでボールを保持時間も作れて、やるべきことを徹底することで、リズムを整えてくれていました」

 

(残り 1237文字/全文: 1893文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ