群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第33節ザスパ対金沢  攻撃陣不発でカウンターに沈む。完封負けで2連敗。小島雅也、青木翔大コメント

【コメント】J2第33節ザスパ対金沢

攻撃陣不発でカウンターに沈む。完封負けで2連敗

小島雅也、青木翔大コメント

 

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 0−1 金沢

前半(0−0)

後半(0−1)

 

【得点】

 

57分:加藤陸次樹(金沢)

 

 

 

【戦評】

 

カウンター一発で沈められた。ザスパは、左MF進昂平、CB渡辺広大が先発し、5試合ぶりの勝利を狙う。ゲームは序盤からポゼッションを支配し、セットプレーの回数も多かった。主導権を奪いながらゲームを進めると、前半35分以降に、進がチャンスを演出し、田中稔也が決定機を迎えたが、ゴールは奪えずに前半をスコアレスで折り返した。ザスパは後半に加藤潤也を投入し先制を狙ったが、後半12分に隙を突かれると、高速カウンターからDFラインを崩されて失点してしまう。ザスパは、反撃を試みるが、交代策が機能せずにコンビネーションが崩れた。0−1で敗れたザスパは、2連敗となり最近5試合1分4敗。意地をみせることができなかった。

 

 

小島雅也

 

「古巣との戦いになりましたが去年1年間プレーして、チームメートも知っていますし楽しみしていました。去年、金沢でプレーして、タフなチームだということはわかっていたので、そのタフさを上回って、局面で負けないようにゲームに入っていきました」

 

(残り 1094文字/全文: 1667文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ