群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第35節ザスパ対愛媛  MF白石智之のザスパ初ゴールで勝利!奥野僚右監督コメント

【コメント】J2第35節ザスパ対愛媛

途中交代MF白石智之のザスパ初ゴールで勝利!

奥野僚右監督コメント

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−0 愛媛

前半(0−0)

後半(1−0)

 

【得点】

 

83分:白石智之(ザスパ)

 

 

【先発】

GK1清水慶記

DF2舩津徹也

DF4岡村大八

DF32渡辺広大

DF25小島雅也

MF11田中稔也

MF8岩上祐三

MF40内田達也

MF7加藤潤也

FW10青木翔大

FW50大前元紀

 

 

【控え】

GK21松原修平

DF46川上優樹

MF35宮阪政樹

MF14平尾壮

MF19白石智之

FW18進昂平

FW13林陵平

 

 

【結果】

 

20位ザスパと21位愛媛の下位直接対決で、ザスパが1−0で勝利を収めた。負ければ順位が入れ替わるボトム対決。ザスパは前半から再三にわたりチャンスを演出していくが、決定力を欠いてゴールを奪うことができない。後半、愛媛がしだいにリズムを取り戻してきた状況の後半37分、奥野僚右監督は白石智之、平尾壮を右サイドに投入し、勝負に出ていく。直後の後半38分、ザスパはセットプレーのこぼれからチャンスをつかむと、平尾が右サイドから低いクロス。それを白石が右足で蹴り込んで決勝ゴール。ザスパは、白石のザスパ移籍初ゴールによって下位対決を制して、7試合ぶりの勝利を決めた。白石は「遠いアウェイの地にサポーターが来てくれていた中で、ゴールを決めた瞬間に、サポーターがいるゴール裏に走っていくルートが見えた。途中交代の役割を果たすことができて良かった」と今季初ゴールの喜びを噛み締めた。

 

 

奥野僚右監督

 

「今日のゲームはお互いが力を出し合った中で、なかなか得点を奪うことができず膠着状態が生まれていました。前半に我々が良い形でゲームに入っていった中で、ゴールを決めることができずに後半に入っていきました。その状況で、ゲーム終盤に交代したザスパの選手たちが本当に良い仕事をしてくれたと思います。白石選手が、ゴール前で思い切りの良さを表現してくれたと思います。今日はチーム全員が辛抱強く戦い、ハードワークしてくれたと思います。次はホームの大宮戦になりますが、ホームのファンの皆様に、躍動する姿をみせて、次節も勝利を届けたいと思います」

 

(残り 1579文字/全文: 2498文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ