群馬サッカーNEWS Gマガ

【Gマガ】ザスパMF田中稔也  2020ラストダンス

Gマガ】ザスパMF田中稔也  最終戦へ 2020ラストダンス

 

 

 

田中稔也 今季全試合出場

 

昨季のJ3は今季への序章に過ぎなかった。今季、J2の舞台に立った田中稔也が、過密日程のJ2リーグで全試合出場を続けている。沼田市出身。中学まで地元でプレーし鹿島ユース入り。そのままトップ昇格したが、鹿島の分厚い選手層に阻まれてトップ3年間のJ1出場はわずか3試合。2019年、J3ザスパへ移籍してきた。それが、すべてのスタートだった。

 

 

J3開幕当初は、実戦不足により思うようなパフォーマンスを見せられなかった。布啓一郎前監督が、守備を要求したため出番も限られた。しかし、守備の課題を克服していったことで攻撃の長所が生きることになった。昨季はJ3で3ゴール。すべてがアディショナルタイム弾で、チームのJ2昇格へ貴重な役割を果たした。

 

 

ザスパ2年目の今季は、奥野僚右監督が就任した中で大きな転機が訪れた。指揮官は、テクニック、ゴールセンス、運動量を装備する田中をレギュラーに抜擢、左右MFに配置した。22歳のアタッカーは、J2の野戦で、もまれたことで進化を遂げた。41節を終えた時点で、全試合に出場し7ゴールを決めている。シーズン終盤は得点から遠ざかっているが、攻守に質の高いパフォーマンスをみせている。攻守が連動したチームは最近7試合で5勝1分1敗。2020年の最終戦を控える田中に聞いた。

 

(残り 978文字/全文: 1573文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ