群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第42節(最終節)ザスパ対京都 20位でシーズン終了。奥野僚右監督コメント「どんな状況でも支えてくれたサポーターに感謝したい」

【コメント】J2第42節(最終節)ザスパ対京都

 CB岡村大八のゴールで1−0逃げ切り。

今季初の3連勝フィニッシュで、現行J2最多勝利&最多勝点タイ 

20位でシーズン終了

奥野僚右監督コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−0 京都

前半(1−0)

後半(0−0)

 

 

【得点】

23分:岡村大八(ザスパ)

 

   

【戦評】

 

今季の最終戦。2連勝中のザスパは、キックオフからアグレッシブな戦いを見せていく。前半4分に飯野七聖が70メートルをドリブルで駆け上がり、シュートに持ち込むなど相手ゴールを脅かす。前半23分、右CKのこぼれ球を岡村大八が左足の渾身ショットでゴールを射抜き先制に成功する。1−0で折り返した状況下、後半30分に渡辺広大が負傷退場し、川上優樹がピッチインしたが、後半37分に川上も負傷するアクシデント。交代回数枠を使い切っていたザスパは、残り時間を10人で戦うスクランブル。一丸となった守備で最後まで守り抜き、1−0で逃げ切り今季初の3連勝。現行J2最多勝利の15勝&最多勝点タイ(49点)を記録し、20位でシーズンを終えた。

 

 

奥野僚右監督

 

「今日はケガ人のアクシデントが出てしまった中で、最後は10人になってしまったので、(選手に)申し訳なかったなというのはありますけれども、選手たちがアウェイのサンガスタジアムで全力で戦ってくれて、最終戦で勝利を挙げることができました。今日は、いまのJ2のレギュレーションでクラブの最多勝利、最多勝点タイに並べる試合ということでしたが、選手にそれを伝えてゲームに入りました。それを達成できたことは何よりもうれしかったです」

 

(残り 1710文字/全文: 2414文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ