群馬サッカーNEWS Gマガ

【北関東ライター座談会】新春 爆笑対談!? part3  4クラブ降格の2021シーズンをどう戦うか? 北関東ダービーは談合の予感!?

【北関東ライター座談会】新春 爆笑対談!?

4クラブ降格の2021シーズンをどう戦うか?

北関東ダービーは談合の予感!?

 

 

明けましておめでとうございます。

今年も「群馬サッカーNEWS  Gマガ」をよろしくお願いいたします。

年末に恒例の北関東ダービー座談会をZOOMで実施しました。

 

 

Gマガ          伊藤寿学

栃木フットボールマガジン 鈴木康浩

デイリーホーリホック   佐藤拓也

 

 

2020シーズンの開幕前の約束で「罰ゲーム」設定があったらしく

突然、自宅に「ホーリーくん(水戸)の着ぐるみ帽子」が送られてきました。

水戸が北関東ダービー優勝、J2最高位の9位だったので

屈辱的ですが(笑)、伊藤と鈴木はホーリーくんをかぶっての座談会となりました。

今季(2021シーズン)後には、彼らに「湯もみ娘」になってもらいます!

part3(最終回)です!

 

 

2021年をどう戦うか?

「リアルに談合が必要だ!」

 

北関東座談会≫

 

開幕5試合が絶対に重要

 

伊藤 「まず最初の開幕10試合が大切だ、まぁ5試合、10試合がめっちゃ大事だと思います」

佐藤 「それはありますよね」
鈴木 「そこで勝ち点どれだけ稼げるかね」

伊藤 「そこで連敗連敗になっちゃうと、ちょっともう、ダメージでかいでしょ」

鈴木 「順位的にね、15位以下、17位18位とかうろつくと、結構あれですよね。勝ち点を取ろうとするじゃないですか」

伊藤 「最初に負けると、しょっぱなから降格、残留争いだからね」

佐藤 「ちょっと今年の成績も加味してもらいたいですよね」

伊藤 「(笑)」

鈴木 「ホントそうですよ」

 

(残り 3630文字/全文: 4339文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ