群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第5節ザスパ対北九州  不運の敗戦もルーキーデビューに一縷の光 FW一木立一コメント

【コメント】J2第5節ザスパ対北九州  不運の敗戦。ザスパ、ミスジャッジのPK&レッドカードに泣く

FW一木立一コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 0−2 北九州

前半(0−1)

後半(0―1)

 

【得点】

37分:永田拓也(北九州)

61分:高橋大悟(北九州)

  

ミスジャッジのPKで数的不利へ

不運すぎる敗戦

 

ありえないジャッジだった。スコアレスで前半35分まで進んだゲームだったが、北九州の左CKからのヘディングシュートを中山雄登が喉元で好ブロック。好守備によってピンチを回避したはずだったが、柿沼亨主審がまさかのレッドカードを提示しPKの判定となる。明らかに体でのブロックだったが、なぜ、こんな判定になってしまったのか。意図的に腕も出しておらず、百歩譲ってPKだとしてもレッドカードは不可解だ。ザスパは悪夢のPKによって1点を失い、さらに数的不利の戦いを余儀なくされる。後半、立ち上がりには攻撃の姿勢をみせたが、後半15分に、背後を突かれて失点。数的不利の状態で2点差を跳ね返す力は、いまのザスパにはなかった。ザスパは3連敗で順位を18位に下げた。

 

 

FW26一木立一

「サポーターの皆さんからの拍手がはっきり聞こえた」

 

 

―今季のプロ入り後、初のメンバー入り、プロデビューとなった。

 

「数的不利で2点差で負けているという難しい状況でのプレーとなりました。後半の大事な場面での途中出場で、自分にチャンスを与えてもらったので、結果を残したいという思いを強く持って、ホームゲームのピッチに立ちました」

 

(残り 734文字/全文: 1378文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ